謝氏生物科技と一緒に、
積極的に自分の健康を管理しよう!

遺伝子の突然変異は必ず細胞増殖の過程で発生

2010-02-23

日常生活の経験から、我々は一部の腫瘍は一部器官において長期的な痛みを経てから出現し始めることを知っています。例えば胃癌です。多くの場合、通常胃に痛みがあり、長年それが繰り返された後に癌へと変化します。これはどういうことでしょうか?元々、遺伝子の突発変異は必ず細胞繁殖の過程において発生します。つまり、遺伝子が複製を行う過程でのみ遺伝子の突発変異が発生します。これは生物化学の原理により決定されています。新旧細胞の交換が行われない限り、細胞の増殖器官は存在せず、腫瘍も出現しません。例えば、人の心臓細胞は非常に早期に増殖を停止します。心臓に腫瘍ができるといったことを耳にしたことがないのはそのためです。



同様に、大脳に腫瘍が出現することも稀です。神経元は早々と成長を停止するからです。脳の腫瘍の大多数が肺癌から移転されたもので、原発性コロイド腫瘤は少数です。コロイド腫瘤は大脳内で増殖する細胞です。大腸、肺、肝臓など体内の新陳代謝が比較的旺盛な臓器は細胞増殖が活発であるため、腫瘍を発生しやすい器官となっています。一部の生活の悪習慣により、一部の器官の細胞は常に損傷を受け、死亡しています。その後、新しい細胞が生まれ、死亡した細胞に取って代わりますが、このような状況は容易に腫瘍の形成を招きます。



例えば、長期的に熱い食べ物や粗食を摂取する、濃いお茶を飲む、辛いものを多く食べる、強いお酒を飲むことが好きな人は容易に食道癌となります。これは、食道の細胞を容易に傷つけ、細胞の増殖を招くからです。同様に、喫煙も肺細胞の大量の更新を招き、この過程で癌細胞が容易に形成されます。このため、良い生活習慣を保つことで、自己の内臓細胞は不要な損傷を受けず、保護することができます。遺伝子の突発変異を招く要素について、我々の生活環境には様々な突発変異の源が充満しています。特に現代工業の発展によりもたらされる汚染、例えば自動車の排気ガス、紙工場からでる汚水、化学工場の廃水などにより、すでに環境に大きな影響をもたらしています。

しかし、多くの遺伝子突発変異の原因は自己の生活の悪習慣からもたらされています。例えば、喫煙、脂っこい食べ物や焼肉を好んで食べる習慣、過度な飲食などです。では、農薬は腫瘍を招くのでしょうか?農薬は多くの人体に用いられる薬物と同様に、開発過程で厳格な三致試験(すなわち癌、畸形、突発変異をもたらすかの試験)を通過しています。このため、腫瘍を導く可能性は大きくはありません。もちろん、農薬の残留が人体内に蓄積され、組織と細胞に一定の危害をもたらすこともあります。しかし、それほど多くはありません。最も厳格に警戒すべきは、悪習慣と生活環境内の化学汚染です。完全に遺伝子の突発変異の源から遠く離れることはほぼ不可能な事ですが、できるだけ注意することはできます。



別の視点------腫瘍の形成は複雑な過程があり、遺伝子上での多くの突発変異により腫瘍ができるわけではなく、出現した腫瘍は必ず遺伝子を修復する癌抑制遺伝子に問題が出現した後、腫瘍となります。人体内の一つの細胞内の2つの癌抑制遺伝子が等しくその機能を喪失した時に、腫瘍の過度な成長により個体の死亡を導きます。しかし、この長い過程において、最低4つの重要な節目を通り抜ける必要があります。第一に細胞増殖関連の遺伝子が起動します。この遺伝子は通常、「癌抑制遺伝子」と呼ばれており、実際は「成長遺伝子」で、正常の細胞の成に必須の遺伝子です。これらの遺伝子は腫瘍細胞の代謝及び増殖能力をあげることができます(且つ正常細胞は一般的な状況下では増殖はせず、また一種の動態的バランス状態にいます)。

この作業は往々にして多くの遺伝子機能が必要とされ、又はある量に達成すると同時に変化が発生し、これらの遺伝子が全て高度に始動した際に、この細胞が初めて癌細胞の特徴をもつようになります。第二に、癌細胞は免疫の監視から逃げなければなりません。免疫体系は人体の警察です。我々は腫瘍を悪党とみなし、この悪党はまず警察を買収し、警察が彼らの業務を干渉しないようにして、さらには彼らと一緒に悪事を働くよう巻き込みます。免疫体系の回避も同様に多くの事が必要とされます。第三に、癌細胞は腫瘍に発展し、血管の新生を誘発する細胞因子を分泌する必要があります。これは栄養物質を輸送する鉄道を癌細胞が形成される細胞チームの中に建設することであり、このようにしてこそ高速での増殖を維持することができます。癌細胞もこのような能力を持つ時にのみ、腫瘍に発展する能力を具備することができます。いわゆる腫瘍とは、必ず動物の体内で「大きなできもの」を形成する癌細胞です。最後に、このような腫瘍には拡散能力が必要です。本当に個体の死亡を導くものは腫瘍細胞の快速な生長ではなく、拡散能力を獲得した時に、悪夢が始まるのです。



拡散能力をもつ腫瘍は、悪性腫瘍と呼ばれます。悪性腫瘍は細胞表面の大量の分子変化を基礎としており、細胞と細胞の間の結合力を大幅に低下させ、また一部は癌細胞の血液中の移動因子を助けたりします。癌細胞がこの能力を獲得することは一番大きな技量が必要とされます。しかし、遺伝子修復の癌抑制遺伝子が機能を失った後、十分な時間があれば、十分な遺伝子突発変異を累積することができ、この4つの節目が突破されます。

YSE1KY');