謝氏生物科技と一緒に、
積極的に自分の健康を管理しよう!

両親がどちらも腫瘍を患っています。私も必ず腫瘍を患いますか?

2010-04-23

答えは「必ずそうではありません」というものです。遺伝子は1人が2つもっています。1つは父親から、もう1つは母親からのものです。腫瘍を容易に得る遺伝子は遺伝的なものですが、多くの状況下でそのうちの1つに問題があり、もう1つは問題がありません。両親のどちらか一方が破壊された癌抑制遺伝子を遺伝させた場合、中年時に腫瘍にかかる可能性が非常に大きくなります。しかし、両親の良くない遺伝子を継承していない可能性もあり、その場合、一生腫瘍からは縁遠くなります。両親がどちらも腫瘍を患ったことがある場合、腫瘍を患う確立は当然、他の人よりも高くなります。

最近、香港の邵逸夫氏がリンパ癌によりこの世を去りました。また、氏の父親も数十年前にリンパ瘤で亡くなっていました。この事実は、邵氏が父親からリンパ瘤にかかりやすい遺伝子を継承したことを説明しています。明らかに腫瘍遺伝子も器官の特異性を有しており、肝臓癌になりやすい遺伝子、乳腺癌になりやすい遺伝子、胃癌になりやすい遺伝子と全て異なります。ただ現在はまだ、どのようなメカニズムが各癌抑制遺伝子の組み合わせで各人体組織での腫瘍発生を決定しているのかが不明瞭となっています。この問題は近い将来、明らかにされると信じています。

家族に腫瘍患者がいない場合も自分は腫瘍を患うのでしょうか?はい、しかしその確率は非常に低くなります。腫瘍は遺伝子の突発変異の累積により形成されるため、長期的に容易に遺伝子に突発変異を発生させる生活環境にいた場合、自然と2つの癌抑制遺伝子機能の破壊が容易に発生します。これは確率的には低いものですが、発生しないわけではありません。環境因子と生活習慣が主な要因です。これは散発性腫瘍患者が出現する原因でもあります。

YSE1KY');