謝氏生物科技と一緒に、
積極的に自分の健康を管理しよう!

食物カロリーと腫瘍発病率の関係

2010-05-23

アメリカは地球上、医療水準最高の国家のひとつです。国民の素質も一流とされています。しかし、腫瘍の発病率は世界最高です。その原因は何でしょうか?もちろん寿命の延長も重要な理由のひとつです。しかし、中国人とアメリカ人の平均寿命には差はあまりありませんが、主要の発病率は中国がアメリカのほぼ半分です。中国の環境汚染がアメリカよりひどいことを考慮すると、必ず別に原因があります。統計上の数字は、腫瘍の発病率と人体に摂取されるカロリーは比例することを示しています。多く食べれば食べるほど、腫瘍の発病率が高くなるのです。



統計に基づくと、地球上、腫瘍発病率が最低な国家はアラビアで、世界において南アジアは生活水準が低い国家に属します。アメリカ国内において、ユタ州は腫瘍発病率が全国平均水準の数分の一となっています。その理由は、モルモン教が禁欲主義を信仰しており、摂取するカロリーが一般のアメリカ人より非常に少ないためです。では、なぜカロリーが高いと容易に腫瘍が発生するのでしょうか?これは、摂取する食物が多いと、代謝過程において発生するフリーラジカルも増加し、増加したフリーラジカルが容易に遺伝子の突発変異をもたらすためであり、よって多く食べると容易に腫瘍を患います。



サルでの実験においても、摂取カロリーを30%削減したところ、サルの寿命が30%延長したことが示されています。この理由により、節食により腫瘍の発病の減少を助けることが推測されます。腫瘍も不良生活習慣病といわれています。人の生活習慣の腫瘍発病への影響は驚くべきものとなっています。統計に基づくと、約半数の腫瘍患者と彼らの生活習慣に関連性があります。例えば大量の喫煙、規律ない生活、常時の睡眠不足、野菜やフルーツ嫌い、過度の飲食、運動不足などです。不良生活習慣は遺伝子突発変異の確率を増加させるだけでなく、免疫力の大幅な降下を導き、最終的に腫瘍の発病を招きます。

YSE1KY');