謝氏生物科技と一緒に、
積極的に自分の健康を管理しよう!

化学療法では何故、抗体性が出現するのでしょうか?

2010-08-23

腫瘍は数千種類の遺伝子水準と細胞水準上の異なる疾病の総称です。このため、各部位の腫瘍には異なる化学療法薬、治療方法が必要とされます。

 

 

 

現在、病院で進行されている腫瘍治療は通常、1度の外科手術が行われ、その後、化学療法に入るというものです。実際、初めての化学療法においては癌細胞の殺傷効果は素晴らしいものですが、残念なことに、多くの場合、腫瘍細胞は迅速に戻ってきて、再度の化学療法が必要となります。しかし、2度目の化学療法の効果はそれほど理想的なものではなく、3回目になると往々にして正常細胞のみを殺傷し、癌細胞を殺傷するのは難しくなっています。何故、このようになるのでしょうか?その理由は、癌抑制遺伝子機能の喪失によるものです。遺伝子の保護機能がないため、癌細胞は各種遺伝子水準の変化をもたらします。このため、初めての化学療法実施の際、抗生物質で細菌感染治療を行うのと同様、一部の抗生物質に対抗する最近が出現し、その後、迅速に成長して、次にはこの抗生物質で殺傷されなくなります。

 

 

よって、化学療法は1回のみ行うことが最も望ましいのです。もちろん、1回目と2回目の化学療法の間に数年の間隔があった場合は、より良い効果がもたらされます。

YSE1KY');