謝氏生物科技と一緒に、
積極的に自分の健康を管理しよう!

腫瘍は予防できますか?

2010-09-23

腫瘍が生まれる根本的な原因は、突発変異の累積です。突発変異が癌抑制遺伝子において発生し、その機能の喪失を導いた後、細胞は遺伝子の高度な突発変異状態に入り、最終的には腫瘍を導きます。遺伝子の突発変異は予測できない一面を有しますが、自己のある癌抑制遺伝子が失効し、容易にある種の腫瘍にかかりやすくなったと知ると、有効な措置を採ります。我々は、大部分の腫瘍が

 

早期であれば容易に手術で治療できることを知っています。このため、自らが大腸癌になりやすいと知っている場合、定期的に大腸内視鏡検査を行うことは、有効的に腫瘍を防止する重要な措置となります。もちろん、良好な生活習慣を保持することももう1つの重要な措置です。例えば、野菜を多く摂取することでも、腫瘍発病率は必ず大幅に降下します。これは、植物のカロリーが低いこと、さらに植物内には動物細動の高速成長を抑えるのに必要な多くの栄養物質が含まれるためです。統計に基づくと、ベジタリアンである僧侶の腫瘍発病率は通常の人の約10分の1とされています。

 

また、免疫体系の増強も腫瘍予防のもう1つの有力な措置です。腫瘍は人の生命を奪いますが、これは人体の免疫体系が職責を履行しない結果とも言えます。免疫体系が早期に腫瘍細胞を正常な細胞と識別することができれば、迅速に成長する癌細胞も消滅の運命を免れることはできません。

YSE1KY');