紅白金丹 純天然抗酸化剤

なぜ微細顆粒?

2011-03-11

リコピンとレスベラトロルは全く水に溶けない化合物です。この二つの化合物が人体に吸収できるのは胆汁のおかげです。一方、胆汁は食事の際にのみ分泌されるため、紅白金丹は食後に服用されることをお奨めいたします。しかし、リコピンとレスベラトロルの結晶が大きすぎる場合、胆汁にも溶解しにくくなります。その結果、リコピンとレスベラトロルの多くが吸収されず、直接排泄されてしまいます。紅白金丹で使用されるリコピンとレスベラトロルは純天然由来で、非常に高価なものであるため、人体で完全に吸収されることが望ましいのです。一方、ナノ技術は最近数年で発展した新技術であり、リコピンとレスベラトロルの顆粒の直径を1マイクロメートル前後の大きさにすることができます。科学研究の結果、微細化したリコピンとレスベラトロルの顆粒は、人体で99%以上の吸収を確保できることが確認されました。



顕微鏡下での紅白金丹の結晶

YSE1KY');