紅白金丹 純天然抗酸化剤

リコピンの人体内での転化と分布

2010-02-12

リコピンは非水溶性色素です。リコピンは人体の腸に入ると、胆汁により溶解され、ミセル(micelle)となった後、吸収されます。天然状態のリコピンは全トランス型(all-trans)の形状で存在し、胃に入り胃酸に接触すると構造が転化され、各種シス型構造(cis-lycopene)となります。多くの学者がこのような構造転化により、リコピンの生物利用率(bioavaibility)が高まることを認めています。

最終的に、人体の各組織において検出できるリコピンのシス型構造は1518種類と多く、リコピンの多彩な生理機能はこれらの異なるシス型構造から来ていることが推測されます。

吸收後のリコピンは、血液を通じて各組織に運ばれ、主に血液、肝臓、腸、脳、生殖器といった臓器に累積されます。これらは全て人体で最も重要な組織であるため、内臓の保護作用において突出した作用がもたらされます。

Clinton SK, et al. Cis-trans lycopene isomers, carotenoids, and retinol in the human prostate. Cancer Epidemiol Biomarkers & Prev 1996; 5: 823–833. 
http://cebp.aacrjournals.org/cgi/reprint/5/10/823 

Boileaul TW, et al. Bioavailability of all-trans and cis-isomers of lycopene. Exp Biol Med 2002; 227: 914–919. 
http://www.ebmonline.org/cgi/reprint/227/10/914

Liu A, et al. Absorption and subcellular localization of lycopene in human prostate cancer cells. Mol Cancer Ther 2006; 5: 2879-85. 
http://mct.aacrjournals.org/content/5/11/2879.full.pdf+html   

リコピンは人体に摂取された後、約2448時間後に血液中でピークに達し、半減期は23日となっています。このため、リコピンは人体内での滞留時間は約1週間と認識されています。

Stahl W & Sies H. Uptake of lycopene and its geometrical isomers is greater from heat-processed than from unprocessed tomato juice in humans. J. Nutr. 1992; 122: 2161-2166.
http://jn.nutrition.org/cgi/reprint/122/11/2161.pdf 

多くの報道で、リコピンは体内に侵入し、更に小さな分子となった後、重要な作用を発揮すると認知されています。この方面の研究は現在大きく発展しており、絶えず進展しています。

レスベラトロル:レスベラトロルの概論、レスベラトロルの心血管疾病予防作用、レスベラトロルの抗腫瘍作用、レスベラトロルの免疫体系調整作用、レスベラトロルの関節炎への作用、レスベラトロルの糖尿病予防作用、レスベラトロルの抗老化作用、レスベラトロルの人体内での代謝、レスベラトロルの安全用量。

Ruhl R, et al. Carotenoids and their metabolites are naturally occurring activators of gene expression via the pregnane X receptor. Eur J Nutr 2004; 43: 336–343.
http://www.springerlink.com/content/uudqbwlb7h0tu80e/ 

 

YSE1KY');