紅白金丹 純天然抗酸化剤

リコピンの前立腺保護作用

2010-02-12

前立腺は男性特有の重要器官です。前立腺に累積するカロテノイド色素において、リコピンの比例が最高となっています。このため、リコピンの前立腺保護の研究が世界で広く展開されています。リコピンの傑出した抗酸化機能が、男性の前立腺腫瘍発病を有効的に降下させます。臨床及び統計学の研究においても、イタリアといった食事において大量にトマトを食用する国の男性は、前立腺癌を患う確率がその他国家と比較して低いことが示されています。

 

1995年には、ハーバード大学医学院の研究者がすでに食物中のカロテノイドの量と発病率は反比例し、数多いカロテノイドの中真の担い手はリコピンで、その他色素ではないことを発見していました。

Giovannucci E, et al. Intake of carotenoids and Retinol in Relation to Risk of Prostate Cancer. J Natl Cancer Inst 1995; 87: 1767-1776.
http://jnci.oxfordjournals.org/cgi/content/abstract/87/23/1767 

Gann PH, et al. Lower prostate cancer risk in men with elevated plasma lycopene levels. Cancer Res 1999; 59: 1225-1230.
http://cancerres.aacrjournals.org/cgi/reprint/59/6/1225

Kotake-Nara K, et al. Carotenoids affect proliferation of human prostate cancer cells. J Nutr 2001; 131:3303-3306. 
http://jn.nutrition.org/cgi/content/abstract/131/12/3303 

Giovannucci E. A review of epidemiologic studies of tomatoes, Lycopene, and prostate cancer. Exp Biol Med 2002; 227: 852-859. 
http://www.ebmonline.org/cgi/reprint/227/10/852 

前立腺の表皮細胞が異常に増殖すると、前立腺肥大の主な原因となります。発表は、リコピンは前立腺表皮細胞の増殖を抑制し、前立腺肥大がもたらす小便排出の困難を軽減させるとしています。

ObermullerJevic UC, et al. Lycopene inhibits the growth of normal human prostate epithelial cells in vitro. J Nutr 2003; 133: 3356-3360.
http://jn.nutrition.org/cgi/reprint/133/11/3356 

Liu XX, et al. Lycopene inhibits IGFI signal transduction and growth in normal prostate epithelial cells by decreasing DHT-modulated IGF-I production in co-cultured reactive stromal cells. Carcinogenesis 2008; 29: 816-823.
http://carcin.oxfordjournals.org/cgi/reprint/29/4/816 

最近、ついに直接的な臨床実験により、リコピンが前立腺肥大の患者の病状悪化を食い止めることに役立つことが証明されました。

Schwarz S, et al. Lycopene inhibits disease progression in patients with benign prostate hyperplasia. J Nutr 2008; 138: 49–53.
http://jn.nutrition.org/cgi/reprint/138/1/49

 

YSE1KY');