紅白金丹 純天然抗酸化剤

リコピンの抗腫瘍作用

2010-02-12

最早期のリコピンの抗腫瘍効果に関連する生物活性に関する報導は1959年、ErnsterLindbergらによるものです。輻射したラットの腹部にリコピンを注射すると、生存率が高まり、細菌感染へ対抗することが発見されました。彼らの研究は2つの論文に整理され、以下のように発表されています。

Modification of the xirradiation syndrome by lycopene.  Exp Cell Res 1959 Jan; 16(1): 7-14.4.(注:当該論文の電子版はありません)

The promoting effect of lycopene on the nonspecific resistance of animals. Exp Cell Res 1959 Feb; 16(2):384-93.4.(注:当該論文の電子版はありません)

1980年代初頭に入ると、研究者たちはリコピンの抗酸化作用がDNA突然変異の確率の低下を助け、これにより腫瘍発病のリスクを低減させると同時に、リポタンパクの酸化により引き起こされる心血管疾病も降下させることを認識し始めました。多くの疫学研究が開始されると、緑黄色野菜とフルーツの摂取量と腫瘍発病率の関係が調査され始めました。

1985年、アメリカの老人における疫学の研究において、トマトの高摂取量と癌死亡率の顕著な降下に関係性があることが示されました。

 

Colditz GA, et al. Increased green and yellow vegetables intake and lowered cancer death in an elderly population. Am J Clin Nutr 198541: 32-36. 
http://www.ajcn.org/cgi/reprint/41/1/32.pdf 

多くの疫学と臨床研究が、トマト製品の摂取により腫瘍発病のリスク、特に胃腸と前立腺癌のリスクを降下させることを証明しました。一方、リコピンがトマト製品内の主なカロテノイドであります。これで、徐々にリコピンと腫瘍の関係が理解され、より重視されるようになりました。

1989年、Morrisらは腫瘍患者の血清から各種栄養因子の濃度というバイオデータを収集しました。その中にリコピンも含まれており、腫瘍患者の血清においてリコピンは低い傾向にあることが発見されました。
Kathy J, et al. Selenium, lycopene, a-tocopherol, β-carotene, retinol, and subsequent bladder cancer. Cancer Res 1989; 49: 6144-6148. 
http://cancerres.aacrjournals.org/cgi/reprint/49/21/6144 

1991年、Campbellらは乳腺癌患者の血清内のカロテノイドの含量は正常の人間より低いことを発見しました。
Potischman N, et al. Breast cancer and dietary and plasma concentrations of carotenoids and vitamin A. Am J Clin Nutr 52:909–915, 1990.
http://www.ajcn.org/cgi/reprint/52/5/909

 

1992年、VanEenwykらの研究も、血清内のリコピン含量と子宮頸癌、膀胱癌のリスクは負の相関関係にあることを発見しました。
VanEenwyk J, et al. Folate, Vitamin C, and cervical intraepithelial neoplasiaCancer Epidem Biomar 19921119-124.

http://cebp.aacrjournals.org/cgi/reprint/1/2/119 

1994年、十年間研究を行ってきたイタリアの科学研究者が、消化器癌の発生率降下とトマトソースの摂取量には関係があることを発表しました。
Franceschi S, et al. Tomatoes and risk of digestive-tract cancers. Int J Cancer 1994; 59: l8l- l84. 
http://www3.interscience.wiley.com/journal/112706964/abstract

 

そしてもっとも重要な研究が1995年に進展されました。

Giovannucciらは、アメリカの職業健康の追跡研究において、トマト製品の高摂取量と腫瘍リスク率には負の相関関係があることを確証し、更なる研究で、カロテノイド、β-カロチン、α-カロチン、キサントフィル及びβ-クリプトキサンチンの摂取量とリスク因子には関係性はなく、腫瘍抑制の鍵を握る因子はリコピンであることを表明しました。

Giovannucci E, et al. Intake of carotenoids and retinol in relation to risk of prostate cancer. J. Natl. Cancer Inst. 1995; 87: 1767-1776.
http://jnci.oxfordjournals.org/cgi/content/abstract/87/23/1767 

Zhang SM, et al. Measurement of retinoids and carotenoids in breast adipose tissue and a comparison of concentrations in breast cancer cases and control subjects. Am J Clin Nutr 1997; 66: 626-632. 
http://www.ajcn.org/cgi/reprint/66/3/626  

1999年になると、疫学の研究には素晴らしい概説がもたらされ、リコピンこそ腫瘍予防の主役であることが確認されました。

Giovannucci E. Tomatoes, tomato-based products, lycopene, and cancer: Review of the epidemiologic literature. J Natl Cancer Inst 1999; 91: 317–31.
http://jnci.oxfordjournals.org/cgi/reprint/91/4/317 

Michaud DS, et al. Intake of specific carotenoids and risk of lung cancer in 2 prospective US cohorts. Am J Clin Nutr 2000; 72: 990–997. 
http://www.ajcn.org/cgi/reprint/72/4/990

そして、リコピンの腫瘍細胞への直接的な殺傷の調査は、10年近くにわたり人気の研究テーマとなり、無数の関連論文が発表されています。以下にその一部を列挙します。

Kotake-Nara K, et al. Carotenoids affect proliferation of human prostate cancer cells. J Nutr. 2001; 131:3303-3306. 
http://jn.nutrition.org/cgi/content/abstract/131/12/3303 

Tan LL, et al. Lycopene inhibits the growth of human androgen-independent prostate cancer cells in vitro and in BALB/c nude mice. J. Nutr. 2005; 135:287-290.

http://jn.nutrition.org/cgi/reprint/135/2/287 

Chalabi N, et al. The effects of lycopene on the proliferation of human breast cells and BRCA1 and BRCA2 gene expression. Eur J Cancer 2006; 40: 1768-1775.
http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6T68-4CP0YVH-4&_user=10&_rdoc=1&_fmt=&_orig=search&_sort=d&_docanchor=&view=c&_searchStrId=940427411&_rerunOrigin=scholar.google&_acct=C000050221&_version=1&_urlVersion=0&_userid=10&md5=31e42dae9646b23daaf340a4d3e83a7d 

Hwang ES, et al.  Inhibitory effects of lycopene on the adhesion, invasion, and migration of SK-Hep1 human hepatoma cells. Exp Biol Med 2006; 231: 322-327.
http://www.ebmonline.org/cgi/reprint/231/3/322  

Salman H, et al.  Lycopene affects proliferation and apoptosis of four malignant cell lines. Biomed & Pharmacother 2007; 61: 366-369.  
http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6VKN-4N972MM-1&_user=10&_rdoc=1&_fmt=&_orig=search&_sort=d&_docanchor=&view=c&_searchStrId=940387411&_rerunOrigin=scholar.google&_acct=C000050221&_version=1&_urlVersion=0&_userid=10&md5=c4722f13cdc420ee1b2944aa4aab712e

Forneli F, et al. The influence of lycopene on the proliferation of human breast cell line (MCF-7). Toxicol in vitro 2007; 21: 217-223. 
http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6TCP-4M27HBC-2&_user=10&_rdoc=1&_fmt=&_orig=search&_sort=d&_docanchor=&view=c&_searchStrId=940418954&_rerunOrigin=scholar.google&_acct=C000050221&_version=1&_urlVersion=0&_userid=10&md5=68d50d963431ed37078ef5bd9e073b93

Palozza P, et al.  The growth-inhibitory effects of tomatoes digested in vitro in colon adenocarcinoma cells occur through down regulation of cyclin D1, Bcl-2 and Bcl-xL. British J Nut 2007; 98: 789–795.
http://journals.cambridge.org/action/displayAbstract?fromPage=online&aid=1343148

しかし、これらの体外/体内実験において、リコピンによる作用濃度は比較的高くなっています。このため、実際はその他因子と共同作用している可能性が推測されていました。

2008年、ついにリコピンの単独抗腫瘍効果には限界があり、その他物質と一緒に配合してこそより良いの抗腫瘍効果が得られることが初めて発表されました。

Mossine VV, et al. Interaction of tomato lycopene and ketosamine against rat prostate tumorigenesis. Cancer Res 2008; 68: 4384-4391. 
http://cancerres.aacrjournals.org/cgi/reprint/68/11/4384 

Venkateswaran V, et al. A Combination of micronutrients is beneficial in reducing the incidence of prostate cancer and increasing survival in the lady transgenic model. Cancer Prev Res 2009; 2: 473-483. 
http://cancerprevention.aacrjournals.org/cgi/content/abstract/2/5/473

更に最近の研究では、リコピンは腫瘍細胞の増殖と関連する遺伝子を制御し、腫瘍の成長を抑制する効果があることが証明されています。

Audrey KB, et al. Modulation of gene methylation by genistein or lycopene in breast cancer cells. Environ Mol Mutagen 2008; 49:36-45. 
http://www3.interscience.wiley.com/journal/117881784/abstract?CRETRY=1&SRETRY=0

謝氏生技@ 版権所有Copyritght 2015 Hsiehs Biotech by Paton

YSE1KY');